グローバルネットワークで
企業の競争力を高める

コンタクトのアイコン
電話番号のアイコン

受入れの流れ

flow

受入れの流れ

申込から入国までは以下のような流れとなります

1.

申 込
(入国5〜6ヶ月前)

技能実習制度・当組合の技能実習生受入れ業務のシステムなどを詳しく説明し、技能実習生受入れに関する疑問・不安を解消の後、お申込み頂きます。

2.

現地応募者選抜

受入れ企業からのお申込後に現地送り出し機関に発注します。現地送り出し機関が自社の登録者データベースから、受入れ企業の募集条件に適合した人材を 約3倍に絞って、面接に参加させます。

3.

面接と人選
(入国4〜5ヶ月前)

受入れ企業の担当者が現地にて、筆記試験・面接・実技試験等を通じて、受入れ企業にあう人材を選びます。(当組合が代わりに面接を行うことも出来ます)

4.

入国申請
(入国3〜4ヶ月前)

人選決定後に、技能実習計画認定申請、在留資格認定証明書交付申請を経て、ビザを取得します。

5.

現地事前講習
(入国4ヶ月前)

入国申請と同時に、現地の送り出し機関において、3ヶ月以上の講習を始めます。日本語、日本の習慣、企業の規律制度など、技能実習生が入国後すぐ馴染めるように、徹底した教育訓練を行います。

6.

入 国
及び入国後講習

在留資格と査証を取得して日本に入国します。さらに組合にて1ヶ月間の日本語・交通安全・法的保護等の教育を行い各企業へ配属します。

実習風景 実習風景
実習風景 実習風景

入国から帰国までの流れ(5年間)

実習生の流れの図解